預貯金・現金

| 未分類 |

相続財産で預貯金や現金も税の対象となることは間違いないところです。銀行や郵貯あるいはJAに預けてある貯金類は、普通預金であろうと定期預金であろうと、あるいは出資証券であろうと、証書として金額も記載されているので、それが財産金額となります。注意しなくてはならないのは、貯金は額面金額以外に、最終計算すると利息分が加算されるということです。これは、新しい相続税に関する法律で、税の対象にならない限度額が下がったこともあるので、わずかな違いで申告を怠ったというような評価をされないように気をつけなければならないところです。
さて、問題は生の現金ですが、本来は相続税の対象となるので、申告をするときには何らか金額を計上する必要があります。普通に考えて、どんな人でも財布の中にいくらかのお金を持っているはずなので、全くなしということはないからです。では、故人がタンスなどにしまっておいた現金はいかがなものでしょうか。これも厳密に言えば、申告対象となります。故人の財産には違いないからです。
でも、莫大なお金でないかぎり、お役所もムキになって追求することはないでしょう。なぜなら、証拠となるものは何もないからです。
故人が残された家族に生前に差し上げたものと解釈できるものであれば、ことさら問題にすることもないからです。